地域の支援活動

具体的な活動

家族や地域の人々はグループに所属して、貯蓄活動・職業訓練・識字教育・衛生教育など様々な学びの機会を持ちます。
これらは「貧しい自分たちには、何もないから何もできない」という価値観からの脱却と、
可能性に目が開かれていくことを導きます。
大人自らの学び得る体験が、子どもの教育を理解し喜んで学校へ送りだす社会を作るのです。

貯蓄活動

生計改善のための活動です。小グループ内で、各家庭から少額を持ち寄り、貯蓄組合内で管理して、生計改善のためにお金が必要な場合、所属する組合から低金利でお金を借りることができます。これによって、農作業に必要な機材や商売に必要な店舗を始める資金に充てることができ、家庭の収入改善に繋がります。お互いの信頼関係、金銭感覚も養うことができます。

農業訓練

生計、収入改善のための活動です。農地の有効活用、農作業や家畜の飼育方法を学びます。農作物の収穫が安定すると不安定なだった入が安定したり、家畜を飼うことで現金収入が増えたり、農作業の人手を減らすことができて子どもを学校に送れるような改善が見られます。

衛生教育

手洗い、歯磨き、煮沸した水を飲む、体を清潔に保つ、生理について、トイレ設備の必要性など日常生活を健康に過ごせるように、病気にかからないように、保護者と子ども達それぞれに学びをします。健康な体作りが健全な心を作る事にも繋がっています。「貧しいから病気になる」という考えから、「病気は防げる」という認識に変わってきています。

支援する

子どもたちを支える方法は2つ
特定の子どもとつながって成長を見守りたい!そんな方は「子どもを支援する」
子どもを取り巻く環境の改善を応援したい!そんな方は「活動を支援する」

子どもを支援する

月々4,000円

子どもを支援について

活動を支援する

月々または自由なタイミングで1,000円から

活動を支援について