活動ニュース

2024.02.07【フィリピン】活動に参加できてうれしい

Impact Story-Cirelyn Vargas.jpg

私はシレリン ヴァルガスです。フィリピンのスラ出身の12歳で、現在中学1年生です。私は3人きょうだいの長女で、母は主婦、父は漁師です。両親からは「シレリンは責任感が強く、愛情深い娘」と言われています。母が父の漁の手伝いをしているときなど、私がきょうだいの世話を一手に引き受けることもあります。そのようなときには家事も引き受けています。勉強も頑張っています。ときには宿題やプロジェクト、その他学校の課題が難しく感じることもありますが、いつか教師になりたいと思っています。

母は積極的にFHフィリピンの活動に参加しています。現在、スラの貯蓄グループのメンバーとして活動していて、貯蓄グループを通して貯蓄を維持することを学びました。緊急事態が起きたり、急にお金が必要になったりしても、貯蓄があるので、他人からお金を借りなくてもよくなりました。

私の妹は、FHの5歳未満児対象の栄養補給6か月プログラムに参加しました。母は、これらの活動に参加するために最善を尽くし、健康教育セミナーと同じ頻度で補習プログラムの保護者会にも参加しました。栄養補給プログラムの閉会式では、彼女は最も積極的に活動した親として表彰されました。彼女は健康教育セミナーにもとても熱心に取り組み修了しました。   

Impact Story-Cirelyn Vargas 3.jpg

母は今、子どもたちに食事を与えるだけでは不十分だと考えています。子どもたちの健康のためには、良質で適切な栄養を与えることが重要だと理解したからです。また、食事を作る場所は常に清潔でなければなりません。彼女は調理中の適切な衛生管理、果物や野菜のような栄養価の高い食品を選ぶことの重要性を強調しました。

シレリンさんと家族からのメッセージ:
母:「親として、食事の前後には必ず正しい手洗いをするように子どもたちに教えます。FHのプログラムに参加できることはとても恵まれたことだ」
シレリンさん:「私もまた、自分だけでなく、家族全体がFHの活動から恩恵を受けてとても感謝しています。」

支援する

子どもたちを支える方法は2つ
特定の子どもとつながって成長を見守りたい!
そんな方は「子どもを支援する」
子どもを取り巻く環境の改善を応援したい!
そんな方は「活動を支援する」

子どもを支援する

月々4,000円

子どもを支援について

活動を支援する

月々または自由なタイミングで1,000円から

活動を支援について

支援企業