活動ニュース

2022.11.18【チャイルドストーリー】保健衛生の大切さ

わたしは、サバイ・サンです。9歳です。クナ・テップ・チェイ小学校の3年生です。わたしの家族は両親と小学5年生の兄セイと小学2年生の妹ソナンの5人家族です。

Savai San with sister .jpg

現地のスタッフからインタビューを受けた時の様子です。
Q.1 活動に参加する前はどのような生活をしていましたか。
お母さん:「昔、私たち家族は貧しい状態でした。4カ月ほど食料が不足したこともありました。衛生観念もなく、それが子どもや家族の病気にどう影響するのか、どうしたらいいのか、よくわからないまま生活していました。その結果、子どもたちは病気のために学校を休まなければならず、授業に遅れをとってしまうこともありました。さらに、劣等感や恥ずかしさから、地域活動にも積極的に参加せず、近所の人たちとのお祝い事やお祭りにも一切参加しませんでした。自分たちの生活が恥ずかしかったのです」

Q2. 活動に参加してからはどうでしたか。
サバイ:「2018年からサポートチャイルとして、子どもクラブや地域で行っている活動に参加しました。絵を描いたり、個人の衛生について学んだり、手の洗い方、フェイスマスクの正しい付け方などの活動に参加し、環境デーにも参加しました。サポートチャイルドとして、サポーターさんに手紙を書き、自分の好きなことや家族に起こったことについてお知らせしています。」

お母さん:「私は、健康ボランティアが私たちに特別に行った *WASH レッスンに参加しました。適切な手洗い、環境の清掃、安全な水を確実に飲むことを含む衛生と衛生の重要性です」

Activity Savai San.jpg

Q.3 活動に参加してどのように変わってきましたか。
サバイ:「子どもの頃からきれいな水を飲んでいたので、健康で衛生的で、勇気があり、読み書きが上手で、学校でも友達が増えました。」

お母さん:
「私の家族にとって、今は食べ物が十分にあり、以前のように不足することがなくなり、子どもたちの病気も少なくなったなど、多くの変化があります。きれいな水を上手に使い、村の保健ボランティアと一緒に勉強し、家族で意識を高めて毎日実践し、子どもたちは定期的に学校に行くようになったことです。
 *FHカンボジアのプログラムに参加する前は、私たち家族はとても苦しんでいました。子どもたちはよく病気になり、家族には食べ物が足りず、子どもが病気になったときの治療費も足りません。スバイ・ルー保健センターに子どもを連れて行く代わりに、伝統的な癒す人のところに子どもを連れて行って治療を受けたり、祈祷をしてもらったりして、うまくいくこともあれば、うまくいかないこともあります。稲作については、あまり生産的ではありませんでした。でも、今では、十分な食料があり、衛生状態も良く、浄水器を使って安全な水を飲むことができ、家の中も清潔に保たれているなど、多くの変化がありました。子どもたちは定期的に学校に通い、数字を読んだり計算したりできるようになり、感染症にもかからなくなりましたし、料理や皿洗い、掃除、動物への餌やりなどの家事も手伝えるようになりました。」

Savai San take care animals.jpg

感謝のメッセージ:
お母さん:「自分の子どもがFHカンボジアのチャイルドになったこと、スタッフの方が訪問してくれて、子どもが一生懸命勉強するように励ましてくれたことをうれしく思っています。すべての家族が快適な生活を送り、衛生状態がよく、きれいな水やトイレを利用でき、地域開発への理解を深め、特に学齢期の子どもを連れた母親が全員登録できるようになってほしいです。」

サバイ:「子どものころは、先生が字を書いたり、算数を多く教えてくれたので、とてもうれしかった。村のすべての子どもたちが私のように学校に通い、すべての子どもたちがコロナウイルスから解放され、みんなで手洗いと石鹸を実践するようになりたい 」

*WASH:基本的な水・トイレ・衛生習慣プログラム
*FH:国際飢餓対策機構

支援する

子どもたちを支える方法は2つ
特定の子どもとつながって成長を見守りたい!
そんな方は「子どもを支援する」
子どもを取り巻く環境の改善を応援したい!
そんな方は「活動を支援する」

子どもを支援する

月々4,000円

子どもを支援について

活動を支援する

月々または自由なタイミングで1,000円から

活動を支援について

支援企業