活動ニュース

2021.08.25【カンボジア】パンデミックで学習環境が大混乱

【パンデミックによる影響】
2020年初頭にパンデミックが発生して以来、子どもたちの教育は大きな混乱に見舞われました。子どもたちが家で学ぶにあたり、様々な課題に直面しました。またいくつかの要因に対して対応が求められました。例えば、幼児および小学生が家で基礎的な学習を続けるための教材が不足している、遠隔での幼児教育や小学生の学習指導の方法、在宅で親がどのように子どもたちの学習に関わるか、教育者の情報通信技術の能力、子どもが暴力、虐待および搾取の危険にさらされるリスクが増大したことなどに対応しました。

2. Conduct School -based COVID-19 awareness and safety prottocols campaigns縺ョ繧ウ繝偵z繝シ.jpg
コロナのために外で授業をしている

【子どもたちの学習】
1 年生から 3 年生までの子どもたちのために、7つ の補習クラスがスタッフとボランティア教師*によって運営されています。この7クラスには、様々な地 域から 888 人が参加していますが、クメール語と計 算を教わっています。学習スペースに来ることができ ない子どもたちのために、担当スタッフが家を訪問し、子どもたちと話しをした後、教材を用いて子どもたち を教えています。

Education staff conducting home-visit and teaching a child about Khmer language縺ョ繧ウ繝偵z繝シ.jpg
家庭訪問をする FH スタッフ

【読書ができる環境】
学習スペースには、動物、果物、物などの絵本、数を教える本、子どもたちが道徳的なレッスンを学ぶことができる興味深い物語の本など様々な種類の本があります。これらの本を子どもたちは学習教材として利用することもできます。また、子どもや保護者 に本を読んでもらったり、本を借りたりすることができます。 この地域には 9つの地域の図書室がありますが、地域のリーダーとボランティアが本を保管するための本棚やスペースを作りました。今年、FH *カンボジアは保護者や子どもが借りることができるように新しい本のセットを追加しました。ボランティアの先生には本の管理に関する研修を行っています。

Training at the Children Club縺ョ繧ウ繝偵z繝シ.jpg
子どもクラブの様子

*ボランティア教師:ボランティア教師のほとんどが高学年の学生のため、 彼らの学習に影響がでないように気をつけています。
*FH:国際飢餓対策機構

支援する

子どもたちを支える方法は2つ
特定の子どもとつながって成長を見守りたい!
そんな方は「子どもを支援する」
子どもを取り巻く環境の改善を応援したい!
そんな方は「活動を支援する」

子どもを支援する

月々4,000円

子どもを支援について

活動を支援する

月々または自由なタイミングで1,000円から

活動を支援について

支援企業