活動ニュース

2021.07.02【家族のストーリー】お父さんが農業技術を学んで生活が変わった

エマニュエル・ムニャブギング君と家族の話
IMG_8665のコピー.jpg
僕の名前はエマニュエル・ムニャブギングと言います。いま14歳です。僕はルワンダの南部に家族と一緒に住んでいます。僕には兄弟が6人います。

FHルワンダがこの村に来る前は、僕の親には子どもたちを学校へ通わせるだけの学用品や教材を買うお金がありませんでした。学校の教材が揃わなかったために、学校に行けない時もありました。

FH=国際飢餓対策機構

FHの人たちがこの村に来て、学用品や制服を援助してくれたので、学校に毎日行けるようになりました。今までは教室に子どもがいっぱいいて勉強ができるスペースもありませんでした。でも、FHの人たちが学校の教室を増築してくれたので、今では良い環境で学べるようになりました。僕はクラスでも良い成績が取れるようにもなりました。
IMG_8705のコピー.jpg

お父さんは、FHが開催している色々な訓練会に参加して、農業技術を学ぶことができました。また、FHが農具や野菜、種子、果物の苗を支給してくれたことやFHから学んだことを実践したことによって、収穫量が増えました。さらに、貯蓄についての勉強や貯蓄グループでの活動を通して、ヤギをFHが支援してくれました。その母ヤギを繁殖させて、育てたヤギを売ったお金で牛やウサギ、ニワトリ、豚などの家畜を買うことができました。飼育している家畜によって、80キロの食用バナナを買うこともできるまで家系が安定するようになったんです。また、家庭菜園では野菜を作って、収穫をしています。育てた野菜を食べることで栄養のバランスがとれて、家族全員が健康になりました。お父さんが「将来、FHがこの地から離れても家族を養う為の準備が整った」と言っていました。

僕はチャイルドサポーターの支援を受けれるようになって精神的にも身体的にも成長できたことに感謝します。
IMG_8647のコピー.jpg

支援する

子どもたちを支える方法は2つ
特定の子どもとつながって成長を見守りたい!そんな方は「子どもを支援する」
子どもを取り巻く環境の改善を応援したい!そんな方は「活動を支援する」

子どもを支援する

月々4,000円

子どもを支援について

活動を支援する

月々または自由なタイミングで1,000円から

活動を支援について

支援企業