活動ニュース

2021.04.21【ボリビア】 「自給自足の大切さ」

ボリビアでは作物の生産性上げることはとても大切なことです。なぜなら、私たちは毎日食事を取らないと生きていけなし、そのための食料を生産することが必要不可欠だからです。

この活動では、地域の人たちの生産を上げるために有機栽培を実践しています。新鮮な柵剤として、野菜、芋類、フルーツ、卵を作れるように作物の栽培や小動物の飼育を行っています。野外で野菜を育てている家族は、家の近くの農地を使って、家族が食べる野菜を10種類から14種類を育てています。
Familiy garden in open field of brother Hernán Villagómez and Euloteria Uraque.jpg

半日陰の土地で野菜を育てている家族は、技術的な管理能力が求められますが、水分がすぐに失われることありません。この方法を実践している家族は、野外で育てている家族の土地より面積がやや狭い土地ですが、家族のために新鮮で健康的な野菜を栽培することができています。
Vegetable producción in Semi Shade de la Sra.  Simeona Herrera.jpg

支援する

子どもたちを支える方法は2つ
特定の子どもとつながって成長を見守りたい!そんな方は「子どもを支援する」
子どもを取り巻く環境の改善を応援したい!そんな方は「活動を支援する」

子どもを支援する

月々4,000円

子どもを支援について

活動を支援する

月々または自由なタイミングで1,000円から

活動を支援について

支援企業