活動ニュース

2021.04.12【カンボジア】 「助け合うこと」

カンボジアの活動地ではコロナウィルスの影響によるパンデミックのただ中にあっても、村人同士が助け合うことができました。経済的な理由により、パンデミックの期間中に一時的に活動をしていないグループがありましたが、現地スタッフがメンバーに将来的に活動ができるための方法を助言して励ましました。

今コロナによる苦境に立たされた家族もいました。特に日雇い労働者は職を失ったため、故郷に戻った家族もいました。私たちは、カンボジア政府の支援を受けられなかった最貧困世帯に食料を配給し、また彼らが自宅で野菜を栽培ができるように、低コストの肥料を使った農業技術を教えてサポートしました。
Mr. Tith Ya got rice (Poor I) Chann Hear villageのコピー.jpg
【写真】お米を受け取った家族

農業技術を学んだメンバーの家族は、このパンデミックの中でも食料供給ができました。
自分たちが学んだことを応用して自宅で農業活動をした写真を喜んで私たちに送ってきてくるメンバーもいました。
Activities HH Food for Work Mrs Reun Ry she take of the grass form garlic that planting for supporting her family during Covid-19のコピー.jpg
【写真】農業をしている様子

支援する

子どもたちを支える方法は2つ
特定の子どもとつながって成長を見守りたい!そんな方は「子どもを支援する」
子どもを取り巻く環境の改善を応援したい!そんな方は「活動を支援する」

子どもを支援する

月々4,000円

子どもを支援について

活動を支援する

月々または自由なタイミングで1,000円から

活動を支援について

支援企業