活動ニュース

2021.01.21つながる人と人の輪

チャイルドサポーター(CS) の活動は、子どもが子どもらしく健やかに成長できるような地域づくりを、現地の国際飢餓対策機構(FH)と推進している活動です。

カンボジアチャイルドと先生.jpg

 私たちが目指すゴールは、支援地域が貧困から「卒業」することです。
「卒業」は、新たな出発、門出の時です。地域が貧困から卒業し、外部の支援を必要とすることなく自らの力で進み出す瞬間を共に喜び祝う時でもあります。現地では国際飢餓対策機構のスタッフが支援地域の人々と密接に関わり合いながら、住民主体型の様々な活動を実施しています。一つの支援地域が「卒業」を迎えるまで、その道のりは平坦ではありませんが、私たちは10 年という目標を掲げて地域が卒業できることを目指しています。もちろん地域や国によってその期間が早まったり遅れたりすることもあります。この道のりを共に歩んでくださるサポーターの皆様の応援とご支援なしには、活動そのものを続けることはできません。


 現地の子どもたちが当たり前のように学校に行けることを私たちは願いますが、様々な弊害があります。
学校に行かせないで家族を支えるために農作業を優先させている保護者には、教育の大切さを伝えなければなりません。また、学用品や教育支援を保護者が賄っていけるように、生計向上のための活動も必要となります。子どもたちの健康状態が悪ければ勉強に集中するどころか、学校に行く元気も出ません。そのため保健活動を通して、保護者が家族に健康的な食事作りを提供できるように野菜などの栽培のノウハウを伝えます。不衛生な環境で生活をしている子どもたちは病気になりやすいので、手を洗う習慣を身に付けるほか、これまでの風習を変えていく取り組みも必要となります。現地スタッフはよき隣人として励まし続けています。


 このように、人と人とのつながりなくしてはこの活動の目指すゴールに行きつくことはできません。
「サポーターの皆さま」「国内外のワーカー」「チャイルド・家族・地域」とのつながりがこれを可能にしていきます。この働きに一人でも多くの方々がつながってくださることを心から願っています。


サポートチャイルド 1,902人(2021年1月現在)
278人の子どもたちがサポーターさんを待っています。


チャイルドサポーター公式LINE配信しています!詳しくはこちらをクリック!

支援する

子どもたちを支える方法は2つ
特定の子どもとつながって成長を見守りたい!そんな方は「子どもを支援する」
子どもを取り巻く環境の改善を応援したい!そんな方は「活動を支援する」

子どもを支援する

月々4,000円

子どもを支援について

活動を支援する

月々または自由なタイミングで1,000円から

活動を支援について

支援企業