活動ニュース

2020.08.13トイレの話:ほんの少しの良いことに価値がある

すべての人間には同じ基本的な必要があります。それは、食物、水、シェルター、睡眠...などです。しかし、必要なものリストの中からはずれてしまうものの1つがあります。私たちは皆トイレを使わなければなりません。このブログを読んでいる私たちのほとんどはトイレをなに不自由なく使いますが、それは世界中のすべての場所に当てはまるわけではありません。

WEB_27232_4b69b7edc6fa7a8.jpg

現実には・・・
世界保健機関によると:
◆ 20億人の人々はトイレや野外トイレなどの基本的な衛生設備がまだありません。
◆ これらのうち、6億7,300万人は、屋外で、たとえば、側溝、茂みの中、または水の溜まっているところに排便しています。
◆ 世界の人口の少なくとも10%は、廃水で灌漑された食物を消費していると考えられています。
◆ 衛生状態の悪いと、コレラ、下痢、赤痢、A型肝炎、腸チフス、ポリオなどの病気の伝染に繋がります。
◆ 不十分な衛生は、社会的および経済的発展とともに、人間の幸福を減少させます。これは、不安、性的暴行のリスク、教育機会の喪失などの影響によるものです。

言うまでもなく、適切な衛生教育とリソースの欠如は、将来にまでも影響を与える可能性があります。

支援する

子どもたちを支える方法は2つ
特定の子どもとつながって成長を見守りたい!そんな方は「子どもを支援する」
子どもを取り巻く環境の改善を応援したい!そんな方は「活動を支援する」

子どもを支援する

月々4,000円

子どもを支援について

活動を支援する

月々または自由なタイミングで1,000円から

活動を支援について

支援企業