活動ニュース

2020.05.22ウガンダとフィリピンが行った対策

<ウガンダ>
新型コロナウィルスの広がりにより、現地では移動や集会をもつことが制限されています。そのため、スタッフはプログラムを一部変更し、 支援しているコミュニティの人々の命を守るためにいかに手洗いとソーシャル・ディスタンスを地域の人々に伝え、保健衛生の強化を図ることで、 病気の感染拡大を防ぐための対策を行っています。この活動は今後6ヶ月にわたり実施されていきます。

<フィリピン>
支援地域でのすべての活動を停止しましたが、政府が2019年3月15日から行われた地域検疫検査を発表した後も、支援地域と緊密に連携しています。
新型コロナウィルスが広がるまでスラ村のバランガイでは、コロナウィルスに対する適切な対応をされていませんでした。私たちはコロナウィルスとそのウイルス感染を回避する方法についてのパンフレットを配布しました。地域ボランティアと政府職員の助けを借りて、すべての世帯がこのパンフレットを受け取りました。一方、マトノグ村のバランガイでは、医療従事者によると、地域検疫がおこなわれる前に、コロナウィルスに関する必要な最新情報を与えられました。私たちはまた、地方自治体と協力して支援している家族への救援活動を実施しています。家族に食べ物が入っているフードパックを渡し、家族のストレスや不安を和らげるように助けています。また家族が食料品を得られるように、どこにあるかを教えています。

WEB_フードバック受け渡し.jpg

WEB_フィリピン フードバック②のコピー.jpg

WEB_フィリピン フードバック.jpg

支援する

子どもたちを支える方法は2つ
特定の子どもとつながって成長を見守りたい!そんな方は「子どもを支援する」
子どもを取り巻く環境の改善を応援したい!そんな方は「活動を支援する」

子どもを支援する

月々4,000円

子どもを支援について

活動を支援する

月々または自由なタイミングで1,000円から

活動を支援について

支援企業