活動ニュース

2020.05.01【フィールドからの声】手洗いの大切さ

新型コロナウイルスの感染拡大を防止するために、手洗いの実践を私たちは求められていますが、発展途上国では、手洗いは重要な活動の一つとして継続されてきました。現在もチャイルドサポーター活動が行われている地域において、継続的に手洗いの実践を推進しています。現地では、人々の命を守るための「手洗いの大切さ」をどのように教えているのでしょうか。

細菌はどこにでもいる
 私たちは、一日中、何千もの物体に触れます。 iPhoneをスクロールするとき、 冷蔵庫を開けたり、コンピューターのキーボードを入力したり、小さい子どもが床に撒き散らしたお菓子を片づけたり、犬の散歩をするなど。また歯を磨く、トイレを使う、鼻をかむなどの衛生的な行為を行います。このような行動のすべてにおいて、手に細菌を付着させることになります。これらの細菌は、目、鼻、口に触れると体内に侵入し、他の人にも拡散する可能性があります。
 細菌を完全に拾わないようにすることは不可能かもしれませんが、細菌が蔓延するのを簡単に防ぐことができる方法が1つあります。それは手を洗うことです。手洗いを徹底的に、そして頻繁に行うことによって、防ぐことができるのです。 これは自分や他の人たちが病気にならないための最善の方法の1つです。
041.jpg

手洗いが命を守る
 手洗いはインフルエンザや風邪などの感染予防の効果的な方法ですが、人命を救う手段でもあります。誰もが石鹸と水で手を洗うならば、何百万人もの子どもたちが衛生的な理由で命を落とすことなく健康に成長することができるのです。だからこそ、手洗いは、私たちが現地で行っている活動として非常に重要なのです。すべての人が家で、きれいな水と石鹸を入手することができるようにしていくことです。また、人々に、なぜ手洗いが大切なのか、そして手を正しく洗う方法について伝えていくのです。例えば、日本は水が豊富にありますが、2015年に消費者庁が調査した結果では、15.4%の大人が、トイレの使用後に常に手を洗うとは限りません。現地スタッフが地域の人々に教えている内容は、もしかして私たちにも当てはまるかもしれません!


手洗いなどの衛生習慣の重要性について、現地スタッフが支援地でどのように人々に教えているか、実際に次のような質問をしながら教えていきます。

200190809_Katie_Rae_Bode_Burundi_198のコピー.jpg

Q1.「あなたは家族にうんちを夕食に出しますか?」

A:「オェ、もちろんしません!」と皆さんは答えるでしょう。
支援地のウガンダ、カンボジアのいずれの場合も、両親はどこでも皆さんと同じことを言っています。私たちのスタッフが、家族に保健衛生について教えるとき、次のような説明をしますが、それは私たち自身にも当てはまることです:「トイレを使用した後やおむつを替えた後に、石鹸で手を洗わないならきれいに見える手にも糞の残りが残っていることになるのです。その後、あなたが触れたすべてのものに...もちろん食べ物を含めて、そのような手で提供されるすべての食事は、下痢や他の病気を引き起こす細菌で一杯なのです。だから...もし家族に食事としてうんちを与えたくないなら、手を洗わなければなりません。」 


Q2.「4リットルの水にうんちが少しだけ入っていたら、それを飲みますか?」

A:「絶対に飲まない!」そのように答えます。
それは、その水が非常に透明に見えるかもしれませんが、少量のうんちが入っていたら飲むことができないからです。一見きれいに見える水でも、水質が保障されていない水源からのものであれば、例えばそれがきらめく小川であったとしても、汚れていることもあります。同様に、水だけで手を洗うことは、手がきれいになったと思えても、そこには目には見えない小さな細菌がいるのです。あなたの手が本当に清潔であると信頼できる唯一の方法は、あなたが石鹸で手を洗うことです!

Q3. 「どのようにしたら、それを継続することができますか?」

A:  ダイエット中に甘いお菓子を食べないようにするためにどうしたらいいですか?
家に甘いお菓子を置かないで代わりに野菜を置くのです! つまり、適切な選択を簡単に行うことができるようにするのです。
どんな習慣でもそうですが、手を洗うことを忘れないことは、自分に対して良い選択をしていることになるのです。私たちが支援している家族がもし、トイレの中に手を洗うための流し台ない場合は、トイレのすぐ隣に手洗い場所を設け、石鹸と水を置くように勧めています。あるいは、他の人に対しては、トイレのドアに「手を洗うことを忘れないように!」という看板をかけるなど、簡単にできることを勧めています。このような小さな覚え書きを備えるだけで忘れることがなくなります。子どもたちに対しては、歌を歌いながら手を洗うようにすることで、楽しく習慣が身につきます。

26869_105063e004c6719のコピー.jpg

最後に・・・手洗いは、隣人を愛することになります!
職場、学校、また家族の人たちと交流をするときに、手洗いによって彼らの安全と健康を保つことができます!現地スタッフが仕えている地域の人々が、手洗いの大切さを知り、それを実践していくならば、人々は病気から守られます。そしてより健全な地域を作り上げることができます。

支援する

子どもたちを支える方法は2つ
特定の子どもとつながって成長を見守りたい!そんな方は「子どもを支援する」
子どもを取り巻く環境の改善を応援したい!そんな方は「活動を支援する」

子どもを支援する

月々4,000円

子どもを支援について

活動を支援する

月々または自由なタイミングで1,000円から

活動を支援について

支援企業