活動ニュース

2020.01.27お母さんから変わる収入向上

子どもたちの希望になる! 地域変革をぜひ応援してください

 貯蓄グループの活動は、地域に住む人々が貧困から抜け出すための方法の一つとして取り組まれています。貯蓄をする習慣がなかった人々が、読み書きや帳簿の管理方法について学びます。グループのメンバーはお互いを信頼することを求められます。グループのメンバーは、毎週少額のお金を貯蓄していき、小規模ビジネスを始めたい人や家庭の必要が出てきた時に、そのお金を借りてそれに充てます。

[フィリピン]マトノグ地区では、2019年8 月に2 つの貯蓄グループから8名が、地域を基盤とした企業開発セミナーのワークショップに参加しました。セミナーを通して、小規模ビジネスについて、またそれに向けてのビジネスプランを立てるためのスキル習得について学びました。メンバーたちは、養豚や野菜販売など、個々が現在営んでいる分野において、さらに収入向上を図る可能性を探っています。

[カンボジア] スバイルー地域では、地域で収入向上プロジェクトに取り組んでいます。障がい者による食料品店、地域メンバーによる地域保育園の運営が行われている他、女性と若者のグループによる小規模ビジネスの活動も行っています。地域保育園では、今期新たに堆肥で500個のカシューナッツが栽培されました。メンバー同士が、励まし合い、助けが必要なメンバーを支え合っています。FH カンボジアのスタッフも技術的な訓練などで励ましています。

カンボジア養鶏.jpg

 また、地域の農業ボランティア50名が養豚とトウモロコシ・野菜を統合的に育てるシステムについての訓練を受けました。養鶏、養魚、トウガラシ、茄子、ほうれん草、レモングラスを育てる訓練も行われました。

[ボリビア]ボリビア・リオカイネ地域
◦養鶏の実施
小形動物の飼育がスクスマ村とフロ・チコ村で実施されました。鶏の卵には大切な栄養が含まれていることを知り、この活動に関わっている家族は雌鳥の数を増やし、卵を売る小ビジネスを計画しています。
◦魚の養殖
リオカイネのスクスマ村では、養魚は食肉の代用になり、魚肉にはタンパク質とビタミンがふくまれていて、栄養価が高い食べ物という理解が浸透してきているため、魚を養殖する家族の数が増えてきています。
◦ヤギ飼育プロジェクト

[フィリピン]マトノグ地区ではマニラの教会の支援を受けて、2019 年3 月現在、7 名のメンバーが母親ヤギ12 匹と子ヤギ12 匹を育てながら、技術的なトレーニングを受けています。ヤギの健康状態を保つために、予防接種や駆虫の処置も取られました。

[ウガンダ]2019年4 月から9 月の期間に、85世帯に1 匹ずつヤギが支給されました。ヤギは数を増し、50匹の子ヤギが生まれました。ヤギは各家庭で売られ、教育やその他の必要のために充てられています。

支援する

子どもたちを支える方法は2つ
特定の子どもとつながって成長を見守りたい!そんな方は「子どもを支援する」
子どもを取り巻く環境の改善を応援したい!そんな方は「活動を支援する」

子どもを支援する

月々4,000円

子どもを支援について

活動を支援する

月々または自由なタイミングで1,000円から

活動を支援について

支援企業