活動ニュース

2020.01.27【7月スタートの新支援地】 ルワンダ「サルへシ村」を紹介します

 サルへシ村は、ルワンダ南部ルアンゴ郡のムウェンド地区にあります。主要道路のミャンガ・ルアンゴから約20 ㎞の所ですが、村は山岳地帯にあり岩が多いため、道路が整備されていないことからこの地域へのアクセスは非常に困難です。この地域には、775 世帯、3,447人が住んでいます。

 村の人々は農業を営み、自給自足の生活をしています。主な農作物は、豆、キャッサバ、さつまいも、バナナです。牛、豚、ヤギ、鶏を飼っている家族はわずかです。農業においては土壌の浸食や酸性化によって土壌が劣化など、多くの課題を抱えています。


劣悪な環境のため様々な問題と直面する人々

 また、この地域には多くの基本的なインフラが不足しています。小学校、中学校はなく、幼児開発センターが2つあるだけで、それも状態は極めて劣悪です。子どもたちは、6㎞離れた近隣のガンフゾ村にある学校や、違う地区のバイイマーナ村にある学校まで通っています。そのため、子どもたちの登校は安定せず、学力低下の問題を引き起こしています。またこの地域には保健所がないため、住民は7㎞離れた最寄りの保健所まで行かなければなりません。保健所まで遠いため、特に妊婦などが出産前のケアを十分に受けることができないなど、悪影響を及ぼしています。

サルコシ水汲み.jpg

 地域の人々にとって、水不足もまた大きな課題です。母親や子どもたちが水汲みのために多くの時間を費やします。子どもたちは学校に行く前に水汲み(写真㊨)に行くため、学業に十分な時間が取れず、学力低下を引き起こしています。また水不足は家庭での不衛生の原因となり、それに起因する病気を引き起こしています。


サルコシ学校トイレ.jpg
【写真】学校トイレが少ないために順番に並ぶ子どもたち

---------------------------------------------------------------
ルワンダ・サルへシ村の子どもたちの支援につき
ましては、申込受付の準備が整いましたら改めて
紙面やウエブサイトでお知らせいたします。
---------------------------------------------------------------

支援する

子どもたちを支える方法は2つ
特定の子どもとつながって成長を見守りたい!そんな方は「子どもを支援する」
子どもを取り巻く環境の改善を応援したい!そんな方は「活動を支援する」

子どもを支援する

月々4,000円

子どもを支援について

活動を支援する

月々または自由なタイミングで1,000円から

活動を支援について

支援企業