活動ニュース

2019.11.12【ボリビア】サポートチャイルド(子ども)の村 ~栄養改善の働き~

養鶏の成果
カラハタ村とフロ グランデ村という地域で実施し、続いてフロ チコ村とスクスマ村で実施しました。卵を産む鶏を飼うことで、家族、特に子どもたちが、卵に含まれている様々な栄養、例えばタンパク質や、歯や骨を形成するのに欠かせないカルシウムなどを取り入れることができるようになりました。この鶏のおかげで、家族は卵に事欠くことがなくなりました。また、いくつかの家庭では、鶏を繁殖して卵を生産し、販売することで、小規模なビジネスにつなげようと試みています

魚の養殖
魚の養殖をある家族の考案により初めましたが、大きな成果がありました。コイ科の魚が養殖に適していることがわかったのです。現在、他の魚の種類、たとえば、ティラピアや、タンバキ、パイクなどを使って養殖が行われています。魚肉は、多くのタンパク質とビタミンを含みます。このため、リオカイネ地区では多くの家族が魚の養殖に関心を示しています。最近、様々な地域でも魚の養殖が普及しています。フロ チコ地区から始まったこの活動が、今ではフロ ランデ、カラフタ、ランチョ パンパ及びスクスクマでも見られるようになりました。魚肉を子どもたちに食べさせることによって、必要不可欠な多価不飽和脂肪酸のオメガ3を摂取することができています。

WEB_Mr Angel showing the fishes to National Director of FH Marcio Oblitas the Regional Manager Ruben Aldana.jpg

支援する

子どもたちを支える方法は2つ
特定の子どもとつながって成長を見守りたい!そんな方は「子どもを支援する」
子どもを取り巻く環境の改善を応援したい!そんな方は「活動を支援する」

子どもを支援する

月々4,000円

子どもを支援について

活動を支援する

月々または自由なタイミングで1,000円から

活動を支援について

支援企業