活動ニュース

2019.11.07【ボリビア】サポートチャイルド(子ども)の教育

私たちは、学校の教師や保護者たち、母親や学生たちとよい関係を築くことができました。学校では、子どもたちが休憩時間に健康的なおやつを食べさせたり、学校菜園で野菜を栽培したり、お祝い事やイベントを開催しました。 2018年度の締めくくりには、教育当局と連携し、教育フェアを開催しました。2月の学年度初めには、教師と保護者たちが協力しあえるような活動が計画され、実行に移されています。重要な活動としては、「こどもの日」のお祝いでした。私たちはコンフィタル村とアサワニ村の学校と協力しながら、ゲームやダンス、そしてたくさんのごちそうを用意し、子どもたちにとっては特別な時間となりました。

WEB_Children Day Celebration 2のコピー.jpg

アサワニ村の学校では、保護者と生徒が参加して、学校菜園や家庭菜園で作られた野菜の品評会が行われました。コンフィタル村の学校では、私たちの保健担当スタッフとタパカリ自治体の統合栄養部長により、健康栄養フェアが開催されました。ほかの活動として、先生と保護者、生徒のための強化ワークショップを実施し、また計画を立てるために多くの話し合いがもたれました。
    

支援する

子どもたちを支える方法は2つ
特定の子どもとつながって成長を見守りたい!そんな方は「子どもを支援する」
子どもを取り巻く環境の改善を応援したい!そんな方は「活動を支援する」

子どもを支援する

月々4,000円

子どもを支援について

活動を支援する

月々または自由なタイミングで1,000円から

活動を支援について

支援企業