活動ニュース

2019.08.07【サポートチャイルドの声】シャディン ビスワスくんとその家族

Shadin with his family.jpg
シャディン ビスワスくん(写真左端)は父親、母親、妹、弟と一緒に暮らしています。
父親は自分の土地を持たないため、日雇い労働者として他人の土地で働いていますが、1 日の賃金は400タカ(500 円余)です。しかも仕事は収穫時期によって左右されるため、安定していません。

経済的な問題
父親の1ヶ月の収入では家族を十分に養うことができません。学校に通っているシャディンくんや妹が進級する度にお金が必要となり、両親は学用品を買うことが困難でした。また学費を払うことができない時もあり、必要な本を買うこともできませんでした。

FH のサポートとその結果
まずシャディンくんの母親がFH の貯蓄グループに2012年から参加しました。次に、シャディンくんがチャイルドサポーターに登録され、サポートを受けられるようになりました。母親は牛を購入し繁殖させて売るために貯蓄グループからお金を借りました。母親はシャディンくんの勉強を助け、勉強を続けるように彼を励ましました。サポートチャイルドであったシャディンくんは、FH からいくらかの学用品のサポートをもらいながら、学校に通い続けることができました。
 シャディンくんと家族は、FH のさまざまな活動に参加し、また保健について学ぶ機会も与えられました。母親はリーダーシップや収入向上のためのトレーニングなどを受けながら多くのことを学び、勇気づけられました。また裁縫や家庭教師をしながら家計の収入向上に貢献をしています。シャディンくんも、勉強の成果を上げることができました。
Shadin Studying.jpg

シャディンくんと母親からのメッセージ
 「僕(シャディン)は、FH の家族の一員に加えられて、本当に幸せです。また僕を応援してくれる人がいることを誇りに思います。FH スタッフにはとても感謝しています。」
 母親は「私と家族は、いつまでもFH のサポートを忘れません。多くのトレーニングを受ける機会が与えられて、私たちにとって大きな助けとなりました。また私自身の生き方も変わって、子どもたちや家族全体の生活を改善させることができています。」
Shadin's mother sewing cloths (1).jpg

---------------------------------------------------------------------
マチュパラ地区は2020年12月で卒業をむかえます
新支援地の情報は2020年 6月にお知らせ致します
---------------------------------------------------------------------

バングラデシュスタディツアーまもなく募集開始!2020年 3月 (約10日間)
サポートチャイルドに会うこともできます

Early Chilhood Development Center activities.jpgMAP.jpg

支援する

子どもたちを支える方法は2つ
特定の子どもとつながって成長を見守りたい!そんな方は「子どもを支援する」
子どもを取り巻く環境の改善を応援したい!そんな方は「活動を支援する」

子どもを支援する

月々4,000円

子どもを支援について

活動を支援する

月々または自由なタイミングで1,000円から

活動を支援について