活動ニュース

2019.08.07【バングラデシュ】マチュパラ地区 貧困からの卒業をめざして

チャイルドサポーターの活動は、世界の飢餓や貧困に苦しむ地域に住む子どもが、子どもらしく健やかに成長できるような地域づくりを現地の国際飢餓対策機構と推進しています。最終的には地域が、貧困から卒業することができるようになることを目指しています。以下に2018年10月~2019年3月にマチュパラ地区で行われた主な活動のご報告とサポートチャイルドの声をお届けします。
Livelihood Developement.jpg

貯蓄グループ
 貯蓄グループに所属しているメンバーたちは、グループ内で貯蓄されたお金を少ない利子で借りることができるため、リキシャ(人力車)や食用の鳥・家畜の購入、食料品店を開く資金、家の修復などにお金を借り、収入向上をはかっています。

保健活動
 120 人の母親リーダーたちが、妊産婦と新生児のケア、医療機関受診について、離乳食、授乳、呼吸器の病気、衛生習慣について学び、さらに学んだ母親たちが近隣に住む720人の母親たちに伝えました。最終的にはコミュニティ全体が妊産婦と新生児のケアについて関心を持ち、予防接種や医療を受けたり、バランスの良い食べ物の摂取や衛生習慣を実践できるように目指します。FH はさらに下痢、黄疸、コレラ、赤痢の予防、HIV エイズについての講義、虫くだしプログラムの実施などを行いました。
Health 20180401_Bangladesh_Lucky_Begum_003.jpg

教育
就学前の児童センター
 FH により訓練を受けた教師が、遊びなどを通して児童の就学に向けての準備を行いました。

子どもクラブ
 6~12歳の子ども266 人が2ヶ月に1回の子どもクラブに参加して、学校の授業の補習を受け、家族の手伝いや、年配者に対して敬意を払うこと、価値観についての学びなどをしました。
WEB_Child Club Activities.jpg

青年クラブ
 13~18歳までの21 人の青年たちが参加し、価値観や倫理、児童労働や早期結婚についての学びをしました。その結果、青年たちは教育の価値を理解し、学校を休まずよく勉強をするようになりました。

支援する

子どもたちを支える方法は2つ
特定の子どもとつながって成長を見守りたい!そんな方は「子どもを支援する」
子どもを取り巻く環境の改善を応援したい!そんな方は「活動を支援する」

子どもを支援する

月々4,000円

子どもを支援について

活動を支援する

月々または自由なタイミングで1,000円から

活動を支援について