活動ニュース

2019.02.01貧困からの卒業 〜新たなスタートを切る〜

ハンガーゼロは、世界の飢餓や貧困に苦しむ地域に住む子どもが、子どもらしく健やかに成長できるような地域づくりを現地の国際飢餓対策機構と推進しています。その一環としてバングラデシュ、カンボジア、 フィリピン、ウガンダ、ボリビアの5ヶ国で、「チャイルドサポーター」の取り組みを実施しています。

ーーーーーーーーーーーーーーーー
子どもたちはコミュニティの宝であり地域が自立するための鍵です。チャイルドスポンサーシップのプログラムは、子どもたちに学用品を支給したり、教育費を負担したりするだけではありません。子どもたちが苦しい状況に置かれているということは、子どもたちを含む周りの人たちが飢餓や貧困に苦しんでいるということですから、子どもたちを中心としてその周りの環境の改善を図りながら、最終的に地域が貧困から卒業できることを目標としています。

人が元気に生活し、健康を維持するために、手を洗うことや歯を磨くこと、住居を衛生的に保つことなどが現地の人たちにとって当たり前ではない場合があります。また文字を読み書きし、計算をすることができるのも貧困に苦しむ人々にとって当たり前のことではありません。勿論毎日の仕事やそれに伴った収入があることも当たり前ではないのです。治療費を払えない親は子どもが病気の際に病院に連れて行くことができません。天候により 1 年の半分しか仕事ができない漁師の家族は、十分な収入を得られません。女性の地位が極端に低い国では、女性が教育を受けても、収入を得ることはできません。 迷信や占いを信じている人々に、現在の医療を理解できるように伝えていかなければなりません。

このように子どもが教育を受け、地域のリーダーとして成長できるまでにはさまざまな問題へのアプローチが必要となってきます。ハンガーゼロはサポーターの皆さんと共にこのアプローチ、支援を1つのコミニィティにつき10 年で、その地域が自立できることを目指して取り組んでいます。


支援国
CSMAP_GR.jpg


支援チャイルド... 1,606人(2019 年1 月現在)

支援する

子どもたちを支える方法は2つ
特定の子どもとつながって成長を見守りたい!そんな方は「子どもを支援する」
子どもを取り巻く環境の改善を応援したい!そんな方は「活動を支援する」

子どもを支援する

月々4,000円

子どもを支援について

活動を支援する

月々または自由なタイミングで1,000円から

活動を支援について