活動ニュース

2018.12.25【ボリビア】食生活の改善について

【食生活の改善について】
子どもの世話をしている母親、ユニコムに参加している母親を対象に、様々な活動が月ごとに立てられた計画の中で次のことが行われました。
・農業の工程(土壌管理、収穫物の貯蔵、苗、作業方法など)に関するトレーニングが行われました。
・野菜の生産と、子どもへの野菜を含んだ食事に関するトレーニングが行われました。
・専門員が農地の視察を行いました。
・穀物生産量の記録を始めました。
・養鶏卵や魚の養殖を営む家庭への手助けを行いました。卵や魚から、タンパク質・ビタミン・カルシウムなどが摂取可能になりました。
・食料確保のために家庭用温室を建設しました。鉄分を含む緑の葉野菜の栽培を通して、子どもたちの貧血や栄養失調を防ぎます。
・数校で学校菜園が実施され、収穫した葉野菜や根菜は学校給食に用いられました。保護者が調理に参加しました。

WEB_Child with chicken.jpg
(養鶏卵の小屋の様子)

保健・教育・栄養のいずれの分野にも課題があります。畑仕事(パパイヤやレモンの生産)のために働かなければならない家庭が多く、保健活動に参加する時間があまり取れないこと。また時として保護者は、子どもへの食事の与え方や栄養失調の予防(身長・体重の測定)にあまり関心を示しません。子どもたちの命の尊さについて理解してもらうこと、また定期的に行われる集まりを軽視しないように続けて呼びかけていきます。

支援する

子どもたちを支える方法は2つ
特定の子どもとつながって成長を見守りたい!そんな方は「子どもを支援する」
子どもを取り巻く環境の改善を応援したい!そんな方は「活動を支援する」

子どもを支援する

月々4,000円

子どもを支援について

活動を支援する

月々または自由なタイミングで1,000円から

活動を支援について