活動ニュース

2018.11.07【カンボジア】地域全体とリーダーの能力開発

「平和への旅」と題された計画の中で行われている活動を振り返る会議に183名が参加し、自治体役員、村長、VDC(村開発委員会)、小・中学校の教師、健康・農業・教育の分野のボランティア、青年リーダーが参加しました。

彼らは地域で起こった開発を振り返り、次のステップとして何をするのかを話し合いました。人々の歩みを「川を渡る」ことに例えており、その絵を変化の様子を測る指標として用いています。この半年間の成果を喜び、次の半年間にする新しい計画を立てました。プログラムが進み実現してきたことを通して、生活がどのように変わったかについて彼らは喜びをもって答えました。指標が確認されて、活動地域にある6つの村すべてが「1本目の川」を渡ることができました。

一本の川.jpg


チャンヒア村とトイチェイ村の村開発委員会メンバーと村のボランティア28名が月例会議に参加しました。実現された村の計画として、道路整備、子どもクラブの建物、地域にいる障がいのある人たちと青年たちが多くの貯蓄グループ活動を行っていることなどを振り返りました。また、彼らはすべての家庭が子どもたちの通学を励ましていくことに合意しました。道路装備が完了したので、村から学校への移動がしやすくなりました。教育に価値があることが分かった保護者からも、子どもたちの通学に対して積極的な反応が見られました。

181116_カンボジア2.jpg

村開発委員会と村人22名がクレン山から村へ引き込む給水管の建設とメンテナンス技術トレーニングに参加しました。この給水システムは村々に水を提供し、水不足の深刻な問題を改善に導くと期待されています。水不足の問題に取り組むことは人々の健康改善と、とくに乾期の菜園活動に大きく寄与します。今までは雨水に頼っていたため、乾期の水確保が困難でした。参加者は技術指導を受けた後に、以前に同様の給水システムを建築した同じシェムリアップ州にあるタイェッ村の給水システムの成功例を見て心躍らせました。彼らはクレン山から主要道路までの7kmの工事を完了できたので、次は4村へ給水パイプを引く工事を続けて行います。


181116_カンボジア3.jpg
181116_カンボジア.jpg
(給水パイプの工事の様子)

支援する

子どもたちを支える方法は2つ
特定の子どもとつながって成長を見守りたい!そんな方は「子どもを支援する」
子どもを取り巻く環境の改善を応援したい!そんな方は「活動を支援する」

子どもを支援する

月々4,000円

子どもを支援について

活動を支援する

月々または自由なタイミングで1,000円から

活動を支援について

支援企業