活動ニュース

2018.10.22【ボリビア】スタッフからの挨拶/健康のプログラム

【スタッフからのあいさつ】
こんにちは、エクトルです。

Hector Yugar Facilitator from Rio Caine.JPG

私には神様が与えてくださった妻と男女一人ずつの子どもがいます。私は農業技術を専門にしており、FHに加わって1年8ヵ月になりますが、地域の発展のために仕えています。地域の人々や教会と共に働き、神様の言葉である聖書を分かち合うことは私の喜びです。また聖書の世界観に立ち祈りをもって熱心に働いてくださっているカラウタにある教会の兄姉からも挨拶を伝えます。

【保健のプログラムについて】
毎月定期的に集会があります。ユニコム(UNICOM/栄養に関する包括的な活動を行う地域センター)には医者か保健師が常駐しています。そこへ母親と2歳未満の子どもたちが来ることは非常に重要です。身長・体重測定を受けることで、栄養失調を防ぐことができるからです。栄養管理スーパーバイザーは、リオカイネでFHが関わっている地域の栄養失調児の割合を軽減させたいと願い活動を続けています。

5歳未満の子どもたちを連れた母親(15~20人)は月に一度集まり、次のような活動に参加しました。
・出生~2歳までの子どもたちに対する身長体重の測定。
・保健、栄養、乳幼児の世話、衛生、病気に関する実践的な勉強会。
・農産物と子どもに野菜を与えることの大切さについての勉強会と調理実習

Nutrition Workshopのコピー.jpg

Mothers in workshop - Sucusuma のコピー.jpg

支援する

子どもたちを支える方法は2つ
特定の子どもとつながって成長を見守りたい!そんな方は「子どもを支援する」
子どもを取り巻く環境の改善を応援したい!そんな方は「活動を支援する」

子どもを支援する

月々4,000円

子どもを支援について

活動を支援する

月々または自由なタイミングで1,000円から

活動を支援について

支援企業