活動ニュース

2018.01.15【フィリピン】シルリーさんの取組み(貯蓄活動)

 フィリピンの貯蓄グループは、大人だけでなく子どもや青年も対象に活動を行っています。フィリピン、ビコールのスラ地区では、活動の初期から貯蓄に取り組んでいるグループは、小エビの収穫の収入を蓄えることによってゆとりを持てるようになりました。7~12月は雨期で漁に出る回数が激減するため、ローンの利用が多くなります。この事象も踏まえ、グループ貯蓄額を増やすなど備えをしています。

20180122philippines_saving_programe.jpg

=シルリーさんの取り組み=
 スラ地区に住むシルリーさんの家族は、ご主人と6人の子どもたちです。ご主人は、漁業と、レンタルボートを使ったスラ発着の渡し船を仕事にしています。ご主人の収入は日ごとの必要にぎりぎり足りるほどでした。

 シルリーさんは、貯蓄グループで秘書役を担うほど活発なメンバーです。貯蓄活動から帳簿の付け方を学び、またローンを利用して「サリサリショップ」と呼ばれる雑貨の小売店を営んでいます。この商店からの収入が家族の生活の助けになっています。

皆さまのご支援に心から感謝いたします。

支援する

子どもたちを支える方法は2つ
特定の子どもとつながって成長を見守りたい!そんな方は「子どもを支援する」
子どもを取り巻く環境の改善を応援したい!そんな方は「活動を支援する」

子どもを支援する

月々4,000円

子どもを支援について

活動を支援する

月々または自由なタイミングで1,000円から

活動を支援について