活動ニュース

2017.11.28【ボリビア】学校に戻る決心をしたカルメロくん

 家庭訪問をすると、様々な家族の状態を見ることができます。例えば、その家の経済状態・社会関係・子どもたちの慢性栄養失調などです。

 また学校中退はかなりの確率で起こっており、チャイルドサポートプログラムが日常的に関わっている事がらでもあります。カルメロ・チョケくんは2015年の途中に、畑で働くために学校に行かなくなりました。

01cdp_bolivia201711.jpg

 現地スタッフは何度も彼の家を訪問し、学校で学ぶことがいかに将来のために良いことで必要であるかを伝え、説得し続けました。3か月後、彼は学校に戻ってきました。そして2016年度には、彼は全ての課題を修了し、最優秀生に選ばれました。彼は今も学びを続けています。プロとして仕事をする日を夢見ています。

02cdp_bolivia201711.jpg

支援する

子どもたちを支える方法は2つ
特定の子どもとつながって成長を見守りたい!そんな方は「子どもを支援する」
子どもを取り巻く環境の改善を応援したい!そんな方は「活動を支援する」

子どもを支援する

月々4,000円

子どもを支援について

活動を支援する

月々または自由なタイミングで1,000円から

活動を支援について