活動ニュース

2017.03.06【カンボジア】問題解決に向けて取組む人々

 チャイルドサポーターが支援しているカンボジア、スバイルー地区では村開発を進めるための集会を定期的に実施しています。村開発委員会のメンバーは村長、学校の先生、青年ボランティア先生などで構成されています。約120人が出席した会合では、半年間の活動の振り返りを行いました。リーダーの育成研修、リーダーと村人との関係構築、子どもたちを学校に通わせるための保護者への理解浸透など様々な目的で集会が持たれています。

01fh_cambodia_meeting201703.jpg

 ある会合では、各村の強みについて話し合われ、さらに問題解決に向けて伸ばしてゆける可能性があるのかを分かち合いました。スバイルー地区チャンヒア村の村長、ハイ・ヒアさん(46歳)は国際飢餓対策機構カンボジア(以下、FH)と共に問題解決に向けての取組みを進めることができている喜びを以下のように話してくださいました。

「FHを歓迎しています。私の村に貯蓄グループを組織してくれました。励まし教えてくれます。また健康・農業を専門とするボランティアを育ててくれました。彼らのおかげで知識や技術を身に付けることができました。更には、私の村人が愛を持ち、良い関係の中で互いに支えあっています。FHには村の成長を大いに協力してもらって本当に、心から感謝しています。」

支援する

子どもたちを支える方法は2つ
特定の子どもとつながって成長を見守りたい!そんな方は「子どもを支援する」
子どもを取り巻く環境の改善を応援したい!そんな方は「活動を支援する」

子どもを支援する

月々4,000円

子どもを支援について

活動を支援する

月々または自由なタイミングで1,000円から

活動を支援について