活動ニュース

2017.02.15【ウガンダ】学校を中心に変わり始めた村

 FHウガンダは2013年からナムトゥンバ地区、マガダ村のカサーレ小学校とイジランゴビ村のカイチ小学校を中心に活動をしています。

【 教 育 】
 カサーレ・カイチ両校では、学年末試験の自己負担金の支払いができない子どもたちのために、不足分を助成しました。また支援を受けることで職業訓練校に13人、高校へ29人が進学して学んでいます。支援が一つの機会となり親子とも教育に積極的になってきています。


【リーダー訓練】

 地域のリーダーの協力で、活動の単位となる12人ほどの小グループがいくつか作られました。その中でボランティアとして228人がFHの訓練を受けることになりました。


01uganda_health201702.jpg

【 保 健 】
 センターへの医療器材などの提供によって救急処置や家族計画の指導、保健スタッフの能力の向上が図られました。また思春期の女子に正しい衛生知識を身につけてもらうと共に、生理の対処方法の指導も行われました。身の回りの材料で布ナプキンを手作りする方法を教えたところ、ナプキンの着用で学校の出席率が向上しました。


【貯蓄グループ】
 新たに20グループができ、600人が貯蓄をすることはどういう事なのかを知ることができました。また35グループから合計1050人が訓練を受けました。そして小規模の商売を始めた300人が家計の改善をすることができています。

支援する

子どもたちを支える方法は2つ
特定の子どもとつながって成長を見守りたい!そんな方は「子どもを支援する」
子どもを取り巻く環境の改善を応援したい!そんな方は「活動を支援する」

子どもを支援する

月々4,000円

子どもを支援について

活動を支援する

月々または自由なタイミングで1,000円から

活動を支援について