活動ニュース

2017.01.31【バングラデシュ】地域ぐるみで貧困からの脱却を

 チャイルドサポーターの皆さんを通じて支援しているバングラデシュのマチュパラ地区は歴史的にずっと貧しさが根付いていて、人々は常に経済的な危機状態にあります。自分の土地を持てないので他人の畑で作物を栽培し、他にも収入を得るために日雇い小作人としても働かざるを得ない状況です。

 FHは2012年からこの地区に関わりを持ち、2013年からチャイルドサポーターが始まりました。310人の子どもが登録されていますが、そのうち183人にサポーターが与えられ、127人がサポーターとの出会いを心待ちにしています。スタッフは頻繁に子どもや家族と関わり、健康状態や学校の出席率の確認、価値観の学びや授業の補習、クリスマス会などの行事の運営を行っています。

01bangladesh_health201701.jpg
【写真:貯蓄グループ】
 メンバーは週に一度10~20タカ(15~30円)を持ち寄って集まります。また健康、母と子のケア、人権、法律などテーマごとに学びます。

02bangladesh_study201701.jpg
【写真:自習する子どもの様子】

 この地域では女子の早婚、子どもの労働、家族の不定住、マドラサと呼ばれる宗教教育の影響なども、地域変革の壁になっていますが、住民をはじめリーダーや地元行政を巻き込んでの変革に取り組んでいます。

支援する

子どもたちを支える方法は2つ
特定の子どもとつながって成長を見守りたい!そんな方は「子どもを支援する」
子どもを取り巻く環境の改善を応援したい!そんな方は「活動を支援する」

子どもを支援する

月々4,000円

子どもを支援について

活動を支援する

月々または自由なタイミングで1,000円から

活動を支援について