活動ニュース

2012.07.05【ケニア】シープケア学校の子どもたちへの支援はじまる!

 当機構はケニアのシープケア学校で、貧困のために教育の機会を奪われている子どもたちが勉強を続けられるよう、学校給食支援を続けてきました。今回新たに、この学校で行われている教育を通して、地域変革が進められていくように、世界里親会による里子支援を開始いたします。

シープケア給食支援1
【シープケア学校給食支援の様子】

 シープケア学校は、ケニアの首都ナイロビ郊外にあるソウェト・カヨーレのスラムにあります。人口15万人と言われているこのスラムに公立の学校は1つもありません。失業率40%以上、食料価格の高騰が続く中、定職についている親はほとんどいません。シングルマザーも多く、道端で物を売って日銭を稼ぎ、何とか食べていくのがやっとという家庭がほとんどです。

DSCF5179.JPG

 現在、学校には幼稚園児から高校生まで400人の子どもたちが学んでいます。その中で最も支援を必要としている100人の子どもたちに対して、里親さんを募集いたします。この地域の子どもたちがしっかりと教育を受け、コミュニティのリーダーとなり、自分たちの力で地域をより良くしていくことができるように日本の皆さまのご支援をよろしくお願い致します。

DSCF4476.jpg

支援する

子どもたちを支える方法は2つ
特定の子どもとつながって成長を見守りたい!そんな方は「子どもを支援する」
子どもを取り巻く環境の改善を応援したい!そんな方は「活動を支援する」

子どもを支援する

月々4,000円

子どもを支援について

活動を支援する

月々または自由なタイミングで1,000円から

活動を支援について

支援企業